〒466-8633 名古屋市昭和区川名山町56番地 TEL 052-832-1181
  • 小中大
  • お問い合わせ
  • アクセス・地図

診療科・部門案内

ホーム > 診療科・部門案内 > 放射線技術科 > ストロンチウム治療

放射線技術科

ストロンチウム骨転移疼痛緩和治療

癌の痛みの中で、骨転移による痛みは一番苦痛であると言われています。骨転移の骨の痛みに対 する治療方法として、鎮痛薬(非ステロイド性消炎鎮痛薬、オピオイド鎮痛薬)、ホルモン製剤、化学療法剤などの薬物療法と外照射放射線治療および手術療法があります。薬物療法は、鎮痛薬を注射しますので全身を対象とすることができます。外照射放射線治療は、骨転移の痛みに対する有力な治療方法ですが、ピンポイント(局所)に照射しますので骨転移の数が多くなると外照射放射線治療は行いにくくなります。ストロンチウム治療は、その薬物療法と放射線治療の両方の特徴を兼ね備えた治療方法で、骨転移が複数存在する場合に特に威力を発揮します。

ストロンチウムは体内に入るとカルシウムと同じように骨に集まります。骨転移部で造骨代謝が盛んになっていると、ストロンチウムも沢山集まります。治療に使用するストロンチウム-89はベータ線を出し、骨転移部に集まって直接照射をし、痛みを和らげます(内照射放射線治療)。静脈注射をして、身体の生理的機能を利用して骨転移部に集まりますので、特に複数の箇所に骨転移が存在する場合に有用です。

ストロンチウム治療は、お薬を静脈注射するだけです。注射後1週間~1ヶ月くらいすると効果が現れ始め、3~6ヶ月くらい効果が持続します。効果としては痛みが無くなる、痛みが和らぐ、あるいは鎮痛薬の量を減らすことができます。ただし、効果が認められる方は50%~70%と報告されています。

ストロンチウム投与後に、白血球や血小板などが低下する骨髄抑制を認めたり、一時的に痛みが増加するフレアー現象を認めることがありますので、定期的に受診していただく必要があります。

投与後の体内に存在するベータ線は、人体内では数㎜しか飛ぶことができず、ほとんど体内で吸収されてしまいますので、ご家族および介助者の方への被ばくの心配はありません。ただし、投与後2~3日間は、尿や血液の中にストロンチウムが存在しますので、取り扱いには十分注意していただく必要があります。

また、ストロンチウム治療を行うには、いくつか条件がありますので、詳しくは放射線技術科までお問い合わせください。

他の医療機関からのストロンチウム治療のご依頼は、外科外来へご相談ください。